バイデン政権、中国製GPUとマザーボードに対するトランプ時代の関税を復活か!?

スポンサーリンク
PC・IT
バイデン政権、中国製GPUとマザーボードに対するトランプ時代の関税を復活か!?
America_vs_China_l_77

46: Socket774 警備員[Lv.11][新] (ワッチョイ abe4-8qXe) 2024/05/26(日) 22:50:08.08 ID:iHyuvWqC0

バイデン政権下の米通商代表部(USTR)は、GPUやマザーボードなど中国から輸入される特定のテクノロジー製品に対する関税を復活させる準備を進めている。 2019年にトランプ政権が当初課したがその後一時停止された25%関税は、中国の経済・貿易慣行に対する懸念に対処する広範な取り組みの一環として復活している。この関税は、米国の競争力を損なう知的財産の窃盗や強制的な技術移転など、中国による不公平な貿易行為と政権が表現する行為から米国企業を守ることを目的としている。具体的な発効日は明らかにされていないが、関税復活は中国の主要コンピューティング部品サプライヤーに大きな影響を与えると予想される。トランプ政権時代の関税の復活は、中国との広範な通商交渉中の善意のしるしとして2020年に関税を一時停止するという前政権​​の動きからの反転を示す。

しかし、これらの交渉は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックと、経済と国家安全保障の問題をめぐる二国間緊張の高まりの中で、最終的に行き詰まった。業界団体は、関税の復活によりハイテクサプライチェーンが混乱し、米国企業と消費者のコストが増加し、中国のさらなる報復を招く可能性があると懸念を表明している。この関税は、原材料のコンポーネント自体が中国産かどうかに関係なく、中国で組み立てられたGPU、マザーボード、その他のコンピューティングコンポーネントに適用される。台湾や先端半導体生産などの問題をめぐってすでに緊張が高まっており、今回の関税発表は、技術貿易に関する交渉による解決策がなければ、世界2大経済大国間のさらなる経済摩擦の舞台となる可能性がある。

(続きはこちら)
https://www.techpowerup.com/322792/biden-administration-to-revive-trump-era-tariffs-on-china-made-gpus-and-motherboards

 アメリカが中国製グラフィックスカードや電源ユニットなどPCパーツへの関税を復活させる可能性。GPUなどは25%以上の値上げも

そのため、2024年下半期以降に登場するGeForce RTX 5000シリーズやIntelのZ890マザーボードなど新製品を中心にこれらの影響を加味した販売価格が設定されるなど現行製品に対して販売価格がさらに値上がりする可能性があります

59: Socket774 警備員[Lv.23] (ワッチョイ 49c1-ikRv) 2024/05/26(日) 23:20:28.31 ID:yx1zLY3k0
>>46
>関税は中国から北米に輸入される製品のみで

じゃあ300%にしてアメリカ自作市場の反応見ようぜ

続きを読む

スポンサーリンク